様々な道路の種類

国が異なれば道も異なるというものです。
日本の道において、車と車が交わるところにあるものは、交差点です。
十字路や三叉路など、様々な形状の交差点があります。
その交差点には信号が設置されており、車同士がぶつからないように工夫がされております。

 

 

これが世界の標準だと考えている人もいるようですが、必ずしもそうではありません。
ヨーロッパで車と車が交わるようなところにあるのは、交差点ではありません。
ロータリーなのです。
日本でロータリーというと、駅前にあるのを見るくらいですが、ヨーロッパではきわめて一般的な道路となっております。
街中ではもちろんのこと、郊外の交差する場所にもロータリーが設置されております。

 

 

では、ロータリーのメリットというのは何なのでしょうか。
それは、ストップをすることが少ないということです。
通常の交差点ですと、一方が動いている間はもう一方は止まっております。
しかしロータリーであれば、全ての方向の車が動くことが可能です。
そうすることによって、アイドリングをしている時間も短くなり、ガソリンの消費量や二酸化炭素の排出量も減ってきます。
一方デメリットもあり、ロータリー建設にはそれなりの広大なスペースが必要となります。