ロータリー式交差点

日本の交差点は信号によって交通規制をするのが一般的となっています。

 

しかし、ヨーロッパでは道路の交差点はロータリー式交差点になっているところが多いです。

犬04

このロータリー式というのは交差点を一周する円形の道路が設けられており、車は進路を変えるために円形道路を右回りしながら行きたい方向へ進路を変えるようになっています。

 

この交差点だと必ず車は速度を緩める必要があることから、交差点での事故を減らすことに繋がっています。

ヨーロッパではロータリー式の交差点にすることによって、以前よりも事故が減った実績が出ています。

そのため、ヨーロッパでは交差点をロータリー式にする流れが強まった過去があります。

とくに道路が何本も交わるような場所ではロータリー式にすることが一般的になってきています。

 

ロータリー式であれば、信号による待ち時間がなくなるために運転者がイライラしたりすることもなくなってきます。

このようにメリットの多いロータリー式の交差点を日本でも導入する動きも一部で出ています。

日本でも実験的にロータリー式の交差点を作ったところがあります。

日本人には馴染みのない交差点なので、運転者では戸惑う人も多くなっています。しかし、交差点での事故が減るようであれば、ロータリー式が普及が全国に広がるかもしれません。

コメントを受け付けておりません。