わだちぼれとは

私たちが日常的に利用している車ですが、これはただ単に運転できるだけではなく、それを如何に安全に運転できるようにするのかということがドライバーに求められることになります。このような安全運転に関する知識は自動車教習所にて勉強をすることができますが、そこで出てくる言葉は、色々な専門用語があったりして、難しいことも多くあるものです。

犬08
その勉強する中で、わだちぼれというような言葉が出てきたりします。通常はあまり聞き慣れない言葉ではあるのですが、車が走行することによってその跡が地面に残ることをこの言葉は指しているのです。また通常であればこの言葉は、雪道での車の通った跡ということで考えられることが多くあります。そのような所を選びながら走行していった方が、雪に埋まって動けなくなる恐れが少なくなる、というような意味合いで注意喚起されるのです。

 
しかし、この言葉は雪道だけに限った事ではありません。通常のアスファルト舗装におきましても十分におこるのです。特にダンプカーのような重い工事車両が多く通行する道路であればこれが発生します。そこには雨水がたまりやすく、それによってタイヤのスリップにつながるのです。下手をするとハイドロプレーニング現象が起こる可能性もあるのです。

コメントを受け付けておりません。